インプラントの実態

インプラントとブリッジ

インプラントとブリッジの違うか

インプラントとは、人工の歯根を埋め込んで、その上から人工の歯をかぶせる治療法です。骨にしっかりと定着させることが可能なので、それまでの自分の歯と変わらず固いものでも噛むことが出来るので、何でも好きなものを食べることが出来ますし、見た目もとても自然です。それに対して、ブリッジは失った歯の代わりに、両側の歯を支えにして人口の歯をはめるという治療法です。これらの一番の違いは、健康な歯を削るかどうかという点です。インプラントはブリッジのように、健康な歯を削る必要がありません。健康な歯をそのまま生かせるのは大きな利点です。

ブリッジとインプラントの違いは

虫歯などで失った歯の後に行う治療は、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。入れ歯は物を噛んだり話している最中などに外れてしまうことが多いのですが、他は取れる心配はありません。ブリッジは入れる場所の横に生えている健康な歯を削ってはめることになり、歯根がないため強い力を加える物を噛むことはできません。インプラントは顎の骨を削り人工歯根を埋め込みその上に人工歯を被せますので、健康な歯を犠牲にすることはなく、何でも美味しく食すことができます。見た目はどちらも自分の歯と変わりませんが、土台となる歯根があるかないかの違いで物の噛み方が変わってきます。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントとブリッジ. All rights reserved.